軽度の障がい者向けグループホーム 軽度の障がい者向けグループホーム For Mee

軽度の障がい者向けグループホーム For Mee

よくあるご質問

グループホームは生活をするだけでなく、障がい者の自立訓練の場でもあります。
病院などの隔離された施設とは違い、障がい者総合支援法にて訓練等給付金という枠で位置づけられた、訓練で可能な限り自立した生活を送ることができるよう「支援する」場所です。
お受付しております。
ショートステイの場合も入居条件は変わりません。
ご希望期間、ご不明点など、お気軽にご相談ください。
入居者は基本的に自分の事は自分でしますが、一緒に過ごしその手助けをするのが「世話人」です。
必要とされる手助けには個人差がありますので、そういった場面で色々な事を手伝ったりアドバイスをする役割を担っているのが世話人です。
【平日】
16時~翌9時まで(夜間はホームにいます)
※平日日中(入居者様がお出かけされる時間)の緊急時は対応しますが、基本的には日中9時~16時まではスタッフはおりませんのでご了承ください。

【休日】
入居者様の生活スタイルに応じて調整し、スタッフを配置します。
入居者様は日中は一般就労や就労支援事業所などに通っており、その他は食事や入浴、自由時間といった一般的な生活と変わらないものです。
また、グループホームではさまざまなイベントや催しものが行われています。
入居者様が就労継続支援等の福祉サービスやデイケアに通ったり、一般就労に就くことを指します。
日中活動は、社会生活や人間関係の構築に不可欠と考えられており、多くのグループホームがこの日中活動に参加できることが入居の条件となっています。
自立した生活を送ることが出来るよう支援する場ですので、社会性を身につけるという観点から規則は定められています。
共同生活が難しくなるような行為については、規則を定め、遵守をお願いしています。
18~64歳までの方が対象となります。
年齢が65歳以上の方など介護保険の対象になる方については、介護保険制度が優先されます。
生活保護を支給する自治体の判断にもよりますが、多くのグループホームでは生活保護受給者の方が入居しています。
通常は保証人または身元引受人による身元保証が必須となります。
もし見つからない方は、一度ご相談ください。

その他ご質問やご相談はこちらから